【並列回路】電気について超絶分かりやすく解説してみた。

家庭にある、普通のコンセント。

「これ、どこに差せばいい?」

多くの方は、こんなことを考えたこともないでしょう。 

 

「どっちでもいいじゃん」

正解です。

 

では、何故でしょうか?

それは、

“並列回路だから”

です。

 

おはようございます。こんにちは。こんばんは。ぴ~ちゃんです。

 

今回は、中学校理科で習う「直列回路」と「並列回路」について。

「直列回路は簡単なイメージがあるけど並列回路って何か苦手。」

という方がいらっしゃるのではないでしょうか?

 

でも身の回りの”電気回路”は、ほとんどが「並列回路」で構成されています。

この「並列回路」が理解できたら、

 

コンセントはどこに差しても同じなのは何で?

とか、

電線にいるあの鳥、何で感電しないの?

とか、

いろーんなことが説明できるようになります。

 

そこで、今回は「並列回路」について、勉強してみましょう!

 

並列回路について勉強しよう!

まず、最初に並列回路を復習しましょう!

そもそも並列回路とは?

直列回路と並列回路の特徴は以下の通りです。

少しは思い出せましたか?

基本は一緒!

電流の通り道が2つ以上だと並列回路ですね!

次は、並列回路のルールについて思い出してみましょう!

 

並列回路のルール

並列回路の主なルールは3つです!

以下で詳しく解説していきます!

①電圧は全部同じ!

電流の通り道が2つに分かれていても、電圧は同じなのです!

はい、簡単ですね!

 

②電流は分かれるけど、足したら同じ!

分かれた後の電流の足し算は、分かれる前の電流と同じ!

はい、これも当たり前ですね!

これ、とっても重要で「キルヒホッフの第一法則」なんて呼ばれたりします。

2つのルールが分かったので例題1を見てみましょう!

・例題1

ルール①とルール②、使いこなせましたか?

 

次は合成抵抗の求め方!

並列回路はこれが、ちょっと難しいんですよね!

③抵抗は1つにまとめられるよ

抵抗は1つにまとめられます。まとめたものを合成(ごうせい)抵抗といいます。

これが少し難しい。。。

そもそも合成抵抗ってなんなの?

合成抵抗とは、抵抗を1つにまとめたものを差します!

まだ難しいですかね(^^;?

イメージはこんな感じです。

これならまだわかりやすいですかね?

電気の流れっていうのは水の流れと非常に似ているのです!

ではどうやって計算するのでしょうか?

これも簡単!次の画像をご覧ください!

「和分の積(わぶんのせき)」って覚えておいてください。

ひとまずこの理解でいいでしょう!

合成抵抗は、掛け算を足し算で割れば求められらます。

早速問題を解いてみましょう!

・例題2

どうでしたか?

実は例題1と同じ問題です!

電流の求め方が2パターンありますね!

“合成抵抗”を使えば、こういった解き方もできます。

まあ、正直どうでもいいですかね?

概ね理解できたということで、日常の並列回路について考えてみましょう!

 

 

身近な並列回路

ここでは身近な並列回路について考えてみます。

実は身の回りの電気はほとんどが並列回路です。

先ほどのルール①を思い出しながら、見てみてください。

 

コンセントはどうなっているの?

コンセントもすべて、並列で電気が供給されています。

炊飯器も洗濯機も並列回路ですね!

だから、どこのコンセントを使ってもいいわけですね!

少しは納得していただけましたでしょうか?

 

 

まとめ

今回は”並列回路”について、解説してきました。

重要なのは、ルール①!

ルール①の”電圧はすべて同じ!”があるから、並列回路はよく使われるんですね!

 

電気の流れは水の流れと似ています。

「水だったらどう流れるだろう?」

って考えるとイメージができるようになります。

 

身の回りのほとんどで”電気”が使われています。

 

ガスで火を起こしていた時代から、

電磁誘導で熱を使う時代へ

 

電気の需要はこれからも増していくでしょう!

この記事を読んで、電気って面白い!

ってなるといいですね。

以上、ぴ~ちゃんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です